2020年2月発売ワンパンマンの格闘ゲームONEPUNCHMAN A HERO NOBODY KNOWSの攻略Wikiです

・プロフィール
・通常技
・必殺技
・超必殺技
・立ち回り
・コンボ
・参考

プロフィール

全身機械の特異なヒーロー。
実態は天才科学者ボフォイ博士が遠隔操縦しているロボット。
操縦者であるボフォイ博士は天才科学者だが謎の多い人物。

通常技

弱1
左拳での突き。僅かに前進する。
ヒットした相手をのけぞらせる。

弱2
右拳での突き。弱1より前進距離が大きくバクステを狩ることも。
ヒットした相手をのけぞらせる。
当たり判定の大きいキャラのみ上強派生で連携可能。

弱3
両腕を掲げて大きく振り下ろす。弱連携の最終段。
ヒットした相手を吹き飛ばす。ゲージ技のジェットダイブで追撃できる。
出が遅く後隙も大きいため弱2がヒットしていない状況で出すと反撃を貰う可能性が大。
Ver1.3で当てた後に交代できるようになったが、吹っ飛ばすので画面端じゃないと追撃できない。

派生1/溜め/ガークラ
両腕から球状のエネルギー弾を発生させる。
溜めなしヒットの場合のけぞり、最大溜めの場合膝崩れになる。
溜め中は弱アーマー最大溜めでガークラ。交代キャンセル可能。

派生2/溜め/ガークラ
右足を突きだして突進する。
ヒットするとのけぞり体勢のまま吹き飛ばす。ヒットしても距離が離れるため追撃が難しい。
溜め中は弱アーマー最大溜めでガークラ。交代キャンセル可能。

/溜め
単発のミサイルを発射する。ヒットした相手をのけぞらせる。
最大溜めで射程が伸びるが、弾道が変わって至近距離にいる相手に当たらなくなる。
弱攻撃、ゲージ技、L3ダッシュ、交代でキャンセル可能。
Ver1.1まではR2押しっぱなしで連打が可能だった。
Ver1.3でL3cが不可能になった。

上強/溜め/ガークラ
左腕でのアッパー。ヒットした相手を打ち上げる。
溜め中は弱アーマー、最大溜めでガークラ。コンボ初回のみ交代キャンセル可能。
覚醒が時止め仕様のため、打ち上げ中に覚醒→奥義で追撃が間に合う。

下強/溜め
右腕からビームを発射し足元を薙ぎ払う。ヒットした相手を浮かせる。
溜め中は弱アーマー、最大溜めで射程アップ+後隙減少。
上強で打ち上げた相手を拾って追撃できるが、ヒットする位置が高いと落としてしまうためディレイが必要。

溜め弱/溜め/ガークラ
ロケットパンチを放つ。微溜めでのけぞり、最大溜めで相手を大きく吹き飛ばす。
溜め中は弱アーマー最大溜めでガークラ。ゲージ技でキャンセル可能。
近〜中距離でステップ回避された場合ジェットダイブがほぼ確定する。
対策はステップ交代か歩いて避けること。発生の早いゲージ技があればステップから打ち勝てる。
なぜかロケットパンチが発射された後までアーマーが持続する。

空弱
空中からのスタンプ攻撃。ヒットした相手を吹き飛ばす。
吹き飛ばすため弱攻撃で追撃はできない。ダッシュ空弱で追撃連携可能だがダメージは低い。
ゲージ技でキャンセルできるが、安定して追撃できるのはジェットダイブのみ。

DA
高速で突っ込む体当たり。ヒットすると膝崩れになる。
非常に素早く見てからの防御は困難。
防御されたら反確ではあるがゲージ技でカバーできる。
メタルナイトの強みの一つ。
Ver1.3で交代キャンセルできるようになり弱に反確が無くなった。

投げ
掴みからのアッパーで空中に大きく打ち上げる。追撃はできない。
投げの間合いは広め。大きく打ち上げるためゲージ溜めにも距離を詰めて起き攻めにも最適。

必殺技

ジェットストライクL2+□/2ゲージ
暗転後に後方に飛び上がり相手に突撃する。ヒットすると相手を吹き飛ばす。
後隙が少ないため反確になりにくく、発生が早いため強撃の後隙やジャスガのカバーができる。
発生・隙ともにジェットダイブの方が優秀だが、こちらの方がゲージ消費が少なく威力が高い。
発生が早い技なら反確を取られる他、Ver1.2から投げに負けるようになったので過信は禁物
非常にタイミングがシビアだが覚醒中であれば奥義で追撃できる。

ミサイル攻撃L2+△/4ゲージ
暗転してミサイルを4発一斉に発射する。ヒットすると相手をダウンさせる。
射程が長いが弾道の都合で近距離の相手に当たらない。
4ゲージの割にダメージが低くコンボに組み込むのも難しいため使う機会は少ない。
ジェットダイブの打ち上げ後確実にトドメを刺したいときなどに。

ジェットダイブL2+○/3ゲージ
高速で相手に突っ込み投げ飛ばす。ヒット後空中に大きく打ち上げる。
発生が非常に早く、後隙もほとんどない非常に優秀な技。確反、差し込み、後隙やジャスガのカバーとなんでもできる。
ただし、かかるダウン補正が重く威力が低いことからコンボに組み込むのには向いていない。
打ち上げ後に追撃可能だが目押しが必要でそれなりに難しい。覚醒奥義での追撃も可能だがこちらもディレイが必要。
ver1.1までは交代で拾えるキャラはごく僅かであったが、
ver1.2の交代ダッシュの仕様変更によりほとんどのキャラで拾えるようになった。

超必殺技

ミサイル乱射
相手に突進し体当たりをする。体当たりがヒットすると飛び去って距離を取り、ミサイルを乱射し相手を爆撃する。
補正を無視してダメージを与えられるため、壁ヒット後でも拾って通常通りダメージが入る。

また、覚醒暗転中に完全に時間が停止する。
落下中や吹き飛ばした相手がその場に留まるためそのまま奥義で追撃できる他、ジャスガから覚醒奥義が確定する。
ただし他キャラの覚醒のように操作は消せないため、起き攻めやリスキルなどはできない。

演出はアニメ・村田版メタルナイトの初登場シーンと隕石へのミサイル発射の再現だと思われる。

立ち回り

理不尽を押し付けるのが得意なトップメタの一角。

相手の隙を見てDAかジェットダイブを差し込む立ち回りが基本になるが、
溜め弱のロケットパンチでその隙を強制的に作れてしまうのが最大の強み。

ロケットパンチはガークラ性能を持った飛び道具で、
発射の前後にアーマーが付くため弱攻撃や一部ゲージ技を耐えることができる。
通常は大きな後隙があるが、ゲージ技でキャンセルでき、
そのゲージ技のジェットダイブの発生がが非常に速いためロケパンを回避した相手を狩ることができる。
ステップで回避された場合はジェットダイブがほぼ確定するが、歩きで回避された場合は防御が間に合う他、
阿修羅カブトなど発生の早いゲージ技持ちはステップ回避からキャンセルゲージ技で対策できるので注意すること。
また、ボロスは飛び道具を打ち消すゲージ技を持っており、ロケットパンチが一方的に負けてしまう。
ロケパンを見てからボロスに交代が間に合うため、相手の構成にボロスがいる場合には安易にロケパンを撃たないこと。

また、投げの間合いが長く、初期位置から投げが届くため、試合開始時に読み合いを仕掛けることができる。
ガード読みの投げ、バックステップ読みのDA、交代読みのロケパン、投げ読みの弱と読み勝てればゲージのアドを得ることができる。

その他、覚醒技が非常に優秀で、覚醒暗転時に時間が停止するため打ち上げた相手や転がした相手を余裕を持って追撃することができる。
また覚醒技に補正切りが付いているため、壁に激突した相手を拾って覚醒を入れることも可能。
反面、単体ではコンボを延ばし難いため、覚醒を絡めないとダメージを稼ぎにくく、後隙カバーにゲージを吐くことも多いため、
ゲージの管理が非常に重要なキャラとなる。

コンボ

弱2>下強>弱1>上強>弱3 or ジェットストライク or 覚醒奥義

上強>弱1>上強>DA>弱3 or ジェットストライク or 覚醒奥義

上強>覚醒>弱3>奥義

溜め弱>L3c>DA>弱1>上強>弱3 or ジェットストライク or 覚醒奥義

ジェットダイブ>(目押し)DA>弱3

ジェットダイブ>覚醒>L3c>奥義

※当たり判定の大きいキャラ(メタルナイトや阿修羅カブトなど)は弱1>上強を弱2>上強にしてもコンボ可能

参考動画

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

*メインメニュー

どなたでも編集できます